リハビリ治療の充実・強化のため、令和3年4月より新設いたしました。

 

〇回復期リハビリテーション病棟とは

急性期病院(県立大島病院など)で治療を受け、入院加療により症状が改善・安定した後に病気で行えなくなった日常生活に必要な動作(ADL:Activities of Daily Living=歩いたり、トイレに行ったり、食事をしたりする毎日の動作)を練習して、寝たきりの防止と在宅復帰を進める事が目的の病棟です。

骨折手術後や、脳卒中あるいは外科手術・肺炎などの治療後のリハビリ治療目的の方が対象です。

〇在宅復帰をスムーズに行うために

回復期リハビリテーション病棟に入院された患者様には、在宅復帰をスムーズに行うための「リハビリテーション総合実施計画」を作成し、主治医、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士などが協力し、リハビリ治療を行うとともに、退院後の自宅での生活へ向けて支援します。

〇リハビリ治療の実際

整形外科・脳神経外科およびリハビリ専門医を中心とした指導のもと、365日切れ目のない積極的なリハビリを行います。

患者様1名に対し、1日あたり最大理学療法60分(3単位)、作業療法60分(3単位)、言語聴覚療法60分(3単位)の合計180分のリハビリ提供が可能です。そのために当院には34名(令和3年4月現在)のリハビリ療法士が勤務しています。

入院期間は、60日から最長180日と疾患の種類により異なります。

 

〇リハビリ病棟

病床数:28床

担当医師:整形外科医、脳神経外科医、リハビリ担当医等

リハビリ療法士:理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)

看護体制:15対1(看護助手:30対1)

管理栄養士

 

〇お問合せ先

「地域医療連携室」または「病院案内」へお尋ねください。

TEL:0997-54-8111(代表)
FAX:0997-54-8126
担当:医療ソーシャルワーカー、看護師

 

大島郡医師会だより 2021.10.1より


リハビリテーション科からのご挨拶


看護部からのご挨拶